フォト

各種ご祈祷・診断受付

  • ◆ ご祈祷 ◆
    家内安全 / 身体健康 / 交通安全 / 商売繁盛 / 病気平癒 / 厄除け / 良縁成就 /合格祈願 他 地鎮祭 / 七五三参り / 初宮詣 等 本殿にてお祓い、ご祈祷いたします。

« 月並祭 | トップページ | にんじゃ »

2016年2月 2日 (火)

黒いもの

「黒」という色は、かっこいいとかクールとか、

大人っぽいというイメージを連想させるものだそうです。

一方で、暗い、怖い、孤独、

といった、さみしくて心ぼそい印象も与える色ですね。

 

暗い色なのでパッと明るいイメージがないのは当然でしょうけど、

「黒という役割をしょってるもの」に対して、

過敏に拒絶しすぎるのもどうなのかなあ、

と考えています。

 

「くらやみ」「夜」「陰」といったものは、

植物にとって光合成ができないものですが、

かといってそれら「黒いもの」がなければしっかりと成長できません。

 

 

にんげんは光合成こそしませんけど、

いっつも明るい光の中にだけ身を置いていると、

落ち着きません。

家には適度な明るさが必要ではありますが、

家相では光があまり当たらない場所も大切だとされています。

明るくて、物がよく見えれば安心で心地よいのかというと、

そうでもないんですね。

目や心が「黒いもの」に接する機会は重要なんです。

 

ヨーロッパの人が

「日本の部屋は明るすぎる、照明はあっても影がない」

って言ってたそうです。

昔の明かりは「ローソク」「あんどん」「ちょうちん」などで、

明るさのうしろに影の美しさがあったんだろうと思います。

蛍光灯で隅々まで照らすと、

物を見るのに便利ではあっても、

なんとなく「力わざ」であるような気がしますしね。

 

「黒いもの」は何か大事な役割を担っているのではないかと思っていて、

夜のやみや陰のように敬遠ばかりしなくてもいいのではないかと思うものに、

「黒い動物」の存在もあるんです。

 

その筆頭は「カラス」ですね。

にんげん並みに賢いし、しかも人々の生活環境にしっかりと適応しながら、

ひとの生活のすぐ隣にいつもいる存在。

まさしく「陰」という役割を、

その黒い体で担ってくれているのではないかと思うのです。

 

あと、ごきぶり、ね。

衛星的に見て身近にいることはあまりこのましくない存在なのかもしれませんが、

こいつもにんげんの生活の「陰を担っている」ものだと思うんです。

 

ちょっと怖い存在なんですけど、

じつはリスペクトしなければならないんじゃないかなあ。

 

黒いもの、墨、黒猫、いろいろありまして、

まだ考えが浅い部分も大いにあるので、

機会をあらためてここで書いてみましょう。

 

みなさんの今日が平穏無事でありますように。

 

石鎚神宮 社務所より

« 月並祭 | トップページ | にんじゃ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203918/63152028

この記事へのトラックバック一覧です: 黒いもの:

« 月並祭 | トップページ | にんじゃ »