フォト

各種ご祈祷・診断受付

  • ◆ ご祈祷 ◆
    家内安全 / 身体健康 / 交通安全 / 商売繁盛 / 病気平癒 / 厄除け / 良縁成就 /合格祈願 他 地鎮祭 / 七五三参り / 初宮詣 等 本殿にてお祓い、ご祈祷いたします。

« 浦島太郎伝説と琉球 | トップページ | 本題と休題 »

2016年2月14日 (日)

自分と周り

まだまだ勉強中ですが、

相性や運勢といったものを時に見させていただきます。

ひとの個性は十人十色で、

誰もが得意なところ、

不得意なところを持っているものです。

 

「ありのままの自分で」とか、

「自分に素直に」と、

ずっとその状態で居続けることは

かなり難しいんじゃないかと思うのです。

にんげん社会というものの中で、

多くの人と触れ合いながら、

何十年という時間をひとは過ごしていきます。

 

じぶんと、そして他人との

「凹」と「凸」を合わせながら、

じぶんを中心とした世界の中で

日々を生きていかなければなりません。

 

もちろん「自分」というものは

中心にある「芯」としてだいじなものです。

それを軸にして、

周囲の環境と折り合いをつけていくために時には自分を作ったり、

飾ったりしなければならない。

 

24時間×365日×数十年という人生を、

「自分」をむき出しにしたまんまで続けていくのは

かなりキツイんじゃないでしょうか。

何か判断に迷った時や、

じぶんの原点に立ち返るべきだと感じた時などには、

「ありのままの自分」に戻ったり、

「自分に素直に」なったりすることも有効で、

とてもとても大切で尊いことです。

 

そして、にんげんの世の中を暮らしていくためには、

「ナマの自分」だけでなく、

家族や職場や友達などといった

社会に合わせた自分を見せていかないといけない。

 

そこで本能と理性、本音と建て前、理想と現実、

などのせめぎ合いが起きて、

時に苦しんだり、悩んだり、

悔やんだりもしてしまうのでしょう。

 

相性や運勢を見させてもらったり、

また神事やお護摩焚きに参加していただくことで、

そういった「自分」と「周り」との関係において

抱いてしまう不安を、

軽減するお手伝いができればと思っています。

 

内向きのじぶんと外向きのじぶん、

その両面が「カチッ」と合う時に、

ひょっとしたら「幸せ」という気持ちが訪れるのかもしれません。

 

生き方や価値観はひとそれぞれですし、

「ずっと自分らしくなんて無理」なんて

決めつけるつもりも全くなく、

ちょっとうまく書けていない感じがしていますが、

これからもこういったことは

じっくりずっと考えていくことになると思います。

また考えが変わるかもしれないですけど、

今はこんな感じで思っています。

 

みなさんの今日が平穏無事でありますように。

 

石鎚神宮 社務所より

« 浦島太郎伝説と琉球 | トップページ | 本題と休題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203918/63205235

この記事へのトラックバック一覧です: 自分と周り:

« 浦島太郎伝説と琉球 | トップページ | 本題と休題 »