フォト

各種ご祈祷・診断受付

  • ◆ ご祈祷 ◆
    家内安全 / 身体健康 / 交通安全 / 商売繁盛 / 病気平癒 / 厄除け / 良縁成就 /合格祈願 他 地鎮祭 / 七五三参り / 初宮詣 等 本殿にてお祓い、ご祈祷いたします。

« 桜 | トップページ | 喜納啓子ファミリー »

2016年3月17日 (木)

本番と打ち上げ

ほんとにもう、ぜんぶのことに

当てはまるんじゃないかと思えるんですけど、

「ハレとケ」というか、

「オンとオフ」ってだいじだなと思います。

 

石鎚神宮だけではなくて、

町内会やいろんなグループでのお祭や行事ごとも、

「本番と打ち上げ」があるから楽しいんだと思うんです。

やりがいを感じたり、連帯感ができたりするのは、

本番と打ち上げがあるからでしょう。

 

本番はもちろん大事だけど、

その後に近所のおっちゃんと酒を飲んだり、

仲間とワイワイするのは楽しいです。

 

本番だけでも窮屈だし、

打ち上げばっかりしててもダラダラしちゃうし、

このバランスがよくできてるイベントは、

うまくいきやすいんじゃないかなあ。

 

オタクの人のスピーチをネットで聴いたことがありますけど、

日々の情報のやりとりだけじゃなくて、

やっぱり「フェス」が必要なんだ、

というようなことを言ってたのが印象的でした。

 

意見を交換したりだとか、

作品を発表したりすることだけで

気持ちが満たされるもんじゃないと。

 

ネットで盛んに情報交換がされているようなジャンルでも、

やっぱり現実世界で「ワー」っとやる祭りが必要なんですって。

 

仕事も、仕事だけをずーっとやり続けていたいわけじゃない人が

ほとんどじゃないでしょうか。

多くの人は家庭の平和とか、

趣味の楽しみとかいったものがあるから、

仕事にも身が入るんだと思います。

 

本当に仕事だけをずーっとやり続けていたい人も

たまにいるかもしれないけど、

そこに「やりがい」とか「達成感」とか

「仲間との連帯感」というものがあるからではないのかな。

 

そういった感情の動きも、

ある種自分の中での「打ち上げ」だと言えそうです。

 

議論が煮詰まった時に

「まあちょっと一服」とコーヒーを飲むと和むし、

ケンカした後の仲直りに

ゆっくり食事する時間というのもいいもんですし。

 

ギュッと詰め込むことと、ほぐれることとのバランスは、

何かにつけてうまく取っていければと思います。

 

「笑い」というものにしても、

「緊張と緩和」によって生まれるんだと、

桂枝雀さんが言っていましたから。

 

みなさんの今日が平穏無事でありますように。

 

石鎚神宮 社務所より

« 桜 | トップページ | 喜納啓子ファミリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203918/63355112

この記事へのトラックバック一覧です: 本番と打ち上げ:

« 桜 | トップページ | 喜納啓子ファミリー »