フォト

各種ご祈祷・診断受付

  • ◆ ご祈祷 ◆
    家内安全 / 身体健康 / 交通安全 / 商売繁盛 / 病気平癒 / 厄除け / 良縁成就 /合格祈願 他 地鎮祭 / 七五三参り / 初宮詣 等 本殿にてお祓い、ご祈祷いたします。

« ハワイ航路 | トップページ | インドのあんちゃん »

2016年3月21日 (月)

インド哲学の先生

7、8年前に行ったインドで特に印象的だった場面が2つ。

ひとつは、昨日書いたあんちゃんとの会話です。

そしてもうひとつは、

ガンジス川のほとりで大学の先生を話したことです。

片言の英語を使ってのやり取りだっため、

曖昧なところや理解できなかったところが

たくさんあったこと、

先にお伝えしておきます。

その人はインド哲学の先生だということでした。

日本から来たんだというと、

いい国だと言ってくれたような気がします。

日本は技術が進んでて、

インド人としては憧れると言ってました。

インドも一生懸命がんばっているところで、

技術の向上が国の大きな命題になっているんだと

語ってくれました。

ちょうどその頃といえば、

インドのITやインド式数学なんかが

日本でも注目されてた時期です。

インドが経済的に急成長しようとしている時でした。

ガンジス川に面した階段に腰を下ろして、

なおも先生は話してくれました。

技術を追いかけるのもいいけど、

「real science」を大切にしないといけない、って。

ITもいいけど、

リアル・サイエンスを軽んじちゃいけないよ、

ということだったんだと思います。

「リアル・サイエンスっていうのは、つまり」

と、そばにいた学生さんの自転車を指さして、

「こういうもんだ」と教えてくれたんです。

バーチャルな情報のやり取りばかりをありがたがる前に、

現実として目に見えるものをまず大切にしなさいと

言ってくれたんじゃないかな。


あるいは、自転車のように力の働きを直接感じられるもの、というか。

飛躍かもしれないけど、

「リアル・サイエンスを大切に」という考えは、

遠い遠い工場で高度な科学技術を駆使して作られた食べものよりも、

住んでる土地で育った野菜をおいしく食べろ、

というようなことなどにもつながっていくのかも。

先生が言ってたリアル・サイエンスを大事にしろという言葉は、

帰国後もなぜだか引っかかっていて、

あれこれいろいろと考えさせられました。

「日本に帰ったらエンピツとかボールペン送って」

と言われましたが、住所とかよくわからんし、

送れてはいません。

今日は更新が遅くなってしまいました。

 

みなさんの今日が平穏無事でありますように。

 

石鎚神宮 社務所より


○明日14時からはお護摩焚きを行います。

 毎週火曜日に行っておりますので、

 ご都合のつく方はぜひお気軽にご参加下さい。

« ハワイ航路 | トップページ | インドのあんちゃん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203918/63378225

この記事へのトラックバック一覧です: インド哲学の先生:

« ハワイ航路 | トップページ | インドのあんちゃん »