フォト

各種ご祈祷・診断受付

  • ◆ ご祈祷 ◆
    家内安全 / 身体健康 / 交通安全 / 商売繁盛 / 病気平癒 / 厄除け / 良縁成就 /合格祈願 他 地鎮祭 / 七五三参り / 初宮詣 等 本殿にてお祓い、ご祈祷いたします。

« 不思議な土地 | トップページ | お護摩焚き×2 »

2016年3月 8日 (火)

忙しい、忘れる

前に、

「忙しい」という字は「心を亡くす」と書く、

ということをここで書いたことがあります。

 

それと、

「忘れる」という字も「心を亡くす」と書く、

とも書きました

 

「忙しい」と「忘れる」は似ているところがあって、

どっちも「ほんとうの自分じゃない状態」だと言えそうです。

 

忙しいからといって必ず物忘れをする、

というわけじゃありませんけど、

その二つはなんだか近い場所にあるように思えます。

 

目の前のことに忙しいと、

だいじなものが見えていなかったり、

後回しになってしまったりします。

 

それは、「だいじなものを忘れている状態」

だとも言えると思うんです。

それは、「ほんとうの自分じゃない状態」

なのかもしれません。

 

とにかく一つ一つ目の前のことを

こなしていかなくてはならないからと忙しくしている裏で、

身近な人が何かを我慢しているかもしれない。

それは緊急なことではないから、

言い出さずに溜め込んでいるだけだったりする。

 

その場合、身近な人の気持ちを、

「忙しい」にかまけて「忘れている」のでしょう。

 

忙しいことはいいことだ、と言う場合もありますが、

そのしわ寄せやツケがのちのち回ってくるんなら、

必ずしもいいこととは言えない場合もありそうです。

 

仕事、お金、自分の時間、家族や友達との時間など、

理想的なバランスは一人ひとり違うものでしょう。

忙しいのがよくて、ヒマや呑気が悪い、

と一概にはいえないでしょう。

 

ただ思うのは、

「忙しくてだいじなものを忘れる」とか、

「ほんとうの自分じゃない状態になる」とかいったことは、

できるだけ少ない方がいいんだろうなということです。

 

なんて言って、

うまいこと怠けるつもりなんじゃないのかっ。

「怠ける」って字は、「台の下の心」?

どんな由来があるのか、調べてみようか。

 

みなさんの今日が平穏無事でありますように。

 

○明日14時からはお護摩焚きを行います。

 毎週火曜日に行っておりますので、

 ご都合のつく方はぜひお気軽にご参加下さい。

 

石鎚神宮 社務所より

« 不思議な土地 | トップページ | お護摩焚き×2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203918/63312679

この記事へのトラックバック一覧です: 忙しい、忘れる:

« 不思議な土地 | トップページ | お護摩焚き×2 »