フォト

各種ご祈祷・診断受付

  • ◆ ご祈祷 ◆
    家内安全 / 身体健康 / 交通安全 / 商売繁盛 / 病気平癒 / 厄除け / 良縁成就 /合格祈願 他 地鎮祭 / 七五三参り / 初宮詣 等 本殿にてお祓い、ご祈祷いたします。

« 植樹会 | トップページ | 熊野、南京町 »

2016年3月27日 (日)

しかばねのポーズと胎児のポーズ

先日、松賀屋さんでヨガをしてきました。

普段使わない筋肉を使ったり、

固まっているところを伸ばしたりできて、

体がほぐれたように思います。

 

それだけでなく、

丁寧に呼吸することでリラックスできて、

頭の中やこころもほぐれました。

 

そんなヨガの時間の終盤、

「しかばねのポーズ」、

それから「胎児のポーズ」をしたんです。

それまでは動きのあるポーズが続いていましたが、

「静」の姿勢を取ることで終わりに向かって呼吸を整えていきました。

 

先生のお話では、

この「しかばねのポーズ」と、

「胎児のポーズ」が、

人間がいちばんリラックスできる姿勢だと言われているんだそうです。

 

へえ、と思いながら、

それらのポーズを取って深く呼吸していました。

 

でもすごいですね、

「しかばね」になり切ることと、

「胎児」になり切ることが、

いちばんリラックスできるんですよ。

 

この世で生を終えた状態と、

お母ちゃんのお腹から出てきて産声を上げる前の状態、

それが心身ともに最も安らぐものだなんて。

 

「胎児」と「しかばね」にある、

この「生きている」という状態って、

何なんだか、よくわからなくなってしまいました。

 

よく、だいじな場面で、

「リラックスしろ」と言われますよね。

緊張するなよ、と。

リラックスすれば、普段通りの力を出せる、

というような。

 

であれば、生まれる前の胎児だった時、

あるいは死んじゃった後のしかばねになった時、

そういう状態をうまく自分の中に取り入れてその場面に臨めば、

リラックスしながら本来の力を出せるのか…?

 

なんだかヨガに対して、

妙な角度からの興味も湧いてきました。

ヨガの歴史はとっても古くて、

体と心のつながりとか、

色んな哲学や思想も込められているそう。

 

楽しく体を動かしながら、

こころの面でも吸収できるものがたくさんありそうです。

 

みなさまの今日が平穏無事でありますように。

 

石鎚神宮 社務所より

« 植樹会 | トップページ | 熊野、南京町 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203918/63404702

この記事へのトラックバック一覧です: しかばねのポーズと胎児のポーズ:

« 植樹会 | トップページ | 熊野、南京町 »