フォト

各種ご祈祷・診断受付

  • ◆ ご祈祷 ◆
    家内安全 / 身体健康 / 交通安全 / 商売繁盛 / 病気平癒 / 厄除け / 良縁成就 /合格祈願 他 地鎮祭 / 七五三参り / 初宮詣 等 本殿にてお祓い、ご祈祷いたします。

« シェアとリンクと再生。 | トップページ | インド哲学の先生 »

2016年3月20日 (日)

ハワイ航路

天気がいい日に

「ハァ~れた空ぁ~♪」と、

鼻歌を歌ってしまったり、

口笛を吹いてしまうのは、

せいぜいぼくらくらいの年代(30代の真ん中)までじゃないか。

 

いや、じつはもっと若い人も

口ずさんでしまうものなんだとしたら、

なんだかちょっとすごい歌ですね、『憧れのハワイ航路』。

1943年に発表されたんだそうです。

 

今でこそハワイどころかヨーロッパでもアフリカでも、

その気になれば南極でも行けてしまいますが、

当時のハワイは「憧れ」だったんです。

 

ハワイ航路みたいに、

みんなの憧れとか流行とかから作られて、

みんながそれを口ずさむみたいな歌が

これまで時々生まれてきたんだと思います。

汽車汽車しゅっぽしゅっぽとか、

電車は進むよどこまでもとか。

 

今はそういう歌、できないんですかねえ。

「インターネット音頭」とか。

「スマホ行進曲」とか。

「いいね!いいね!フェイスブック~♪」みたいなのとか。

できませんかね。

できなさそうですね。

 

きっと歌ができるまでに浸透しちゃって、

新しい何かが次々生まれてくるから、

追いつかないのかもしれないですね。

 

はたまた、老いも若きも、西の人も東の人も、

みんながひとつのものに憧れるという

時代ではないからでしょうか。

 

 

晴れた日に「ハァ~れた空ぁ~♪」と歌えたり、

きれいな月夜に「月が~出た出~た~♪」と口ずさめたり、

風呂に入って「ババンババンバンバン♪」と

ほっこりできたりするような、

そんな歌が生まれないかなあ。

 

パソコンの電源を入れる時、

キーボードをカタカタする時、

スマホの画面をスワイプする時なんかに、

つい口ずさんでしまう歌があったら楽しいのに。

 

みなさんの今日が平穏無事でありますように。

 

石鎚神宮 社務所より

« シェアとリンクと再生。 | トップページ | インド哲学の先生 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203918/63372109

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイ航路:

« シェアとリンクと再生。 | トップページ | インド哲学の先生 »