フォト

各種ご祈祷・診断受付

  • ◆ ご祈祷 ◆
    家内安全 / 身体健康 / 交通安全 / 商売繁盛 / 病気平癒 / 厄除け / 良縁成就 /合格祈願 他 地鎮祭 / 七五三参り / 初宮詣 等 本殿にてお祓い、ご祈祷いたします。

« 人を笑うか、ネタを笑うか | トップページ | 植樹会 »

2016年4月 2日 (土)

みずみずしい感情

いや、じつは昨日の書き込みは消化不良だったんです。

当たり前のことをわざわざ文章に書くの、

難しいんですね。

くどくど書かずに簡潔にまとめようとして、

とても曖昧なものになってしまったなと反省してます。

 

と言いつつ、

今日も続きみたいな内容を書くことになりそうです。

 

「大人」になるにつれて、

モノやサービスの裏側を見ようとするようになってしまっています。

 

食べものを食べたり、

音楽や映画などを聴いたり観たりした時も、

「それがどうやって出来上がっているのか」

を見てしまうところがあるんです。

 

原価だとか、ギャラだとか、

流行をどう取り入れているかとか、

どんな風に宣伝広告してるのかな、とか。

どうしても現実的な部分を見てしまいます。

 

もしそれらにお金や時間などの対価を支払うなら、

「それに見合う価値があるのかどうか」

という見方を、やっぱりしてしまいます。

 

大人になるということは、

そういうことなのかもしれません。

だけど、ちょっとつまらないような気がします。

もっと純粋に「目の前にあるモノ」

に感動したいなと思うんです。

 

子どもの時はきっと、

外食したり、何かを買ってもらったりした際に、

それが高いかどうかとか、

時間をかけてまでやることなのかどうかとか、

計算してたわけではないですよね。

 

…いや、待てよ。

物心つくくらいから、

「今はこれをもらっていいのかな?」などと、

やっぱり少しずつ周りの雰囲気なんかを

見回すようになっているのかもしれない。

 

だけどやっぱり、

子どもは大人と比べればよっぽど純粋でしょう。

嬉しい時は嬉しい、おいしい時はおいしい、

嫌な時はイヤ、ですよ。

 

「モノや出来事」と「感情」が直結しているんでしょう。

大人はどうしてもその間に「価値」というものを

噛ましてしまうんでしょうね。

 

もっと純粋に、モノや出来事に感動したいなあと最近思うんです。

大人として「価値」を見極めていくことももちろん大事にしながら、

みずみずしい感情も持ち合わせていたいな、と思います。

 

みんながみずみずしくなれば、

世の中がちょっと平和になるような気さえします。

 

今日もまた、やっぱり曖昧な文章に。

わかりやすく、を心がけて、

明日からも更新していきます。

 

みなさまの今日が平穏無事でありますように。

 

石鎚神宮 社務所より

« 人を笑うか、ネタを笑うか | トップページ | 植樹会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203918/63430024

この記事へのトラックバック一覧です: みずみずしい感情:

« 人を笑うか、ネタを笑うか | トップページ | 植樹会 »