フォト

各種ご祈祷・診断受付

  • ◆ ご祈祷 ◆
    家内安全 / 身体健康 / 交通安全 / 商売繁盛 / 病気平癒 / 厄除け / 良縁成就 /合格祈願 他 地鎮祭 / 七五三参り / 初宮詣 等 本殿にてお祓い、ご祈祷いたします。

« 実体験志向 | トップページ | 家相 »

2016年6月26日 (日)

漱石さんの1000円

夏目漱石さんの1000円札を、昨日手にいれました。

野口さんになる前の1000円札です。

 

以前もそうしてたんですが、

また財布の中で特別扱いにして、

いざという時まで使わないでおこうと思ってます。

 

漱石先生が好きなので、

お守り代わりと言ったらおかしいかもしれないけど、

「ここぞ」という時の切り札として、

いつも財布の中にあってほしいと思うんです。

 

ふつうのお札入れとは別のスペースに、

小さく折って入れています。

さてさて、いつこれを使う時が来るでしょうか。

 

前回も同じようにしていて、

何年か漱石さんのお札を財布にひそませていたはずですけど、

最終的には使ってしまうことになりました。

 

それがまた、「特別な場面」というほどでもなくて、

あっけない終わり方だったのを覚えています。

 

昔ながらのお店で買い物をして、

おじいさんが応対してくれました。

ぼくは多分、一万円札で払って、

お釣りをもらおうとしていたんです。

 

だけど、お店の方にお釣りの千円札がないらしく、

おじいさんが「困った、困った」となったわけです。

 

その場面、ぼくがあと1000円札を一枚持っていれば、

お釣りなく清算できるというものでした。

 

財布の中の野口さんの1000円だけでは足りなかったのですが、

漱石さんの1000円を一枚足せば、

おじいさんを悩ませなくて済むことになります。

 

それで、漱石さんの1000円は財布の中からなくなってしまいましたとさ。

ぼくはちゃんと支払い分以上のお金を準備してましたから、

ピンチでも何でもなかったんですが、

「いざ」という時のために取っていたお守り代わりの漱石さんは、

いなくなってしまいました。

 

まあ、そんなもんなんでしょうね。

さて今回はどんな結末が待っているのか…。

 

みなさんの今日が平穏無事でありますように。

 

石鎚神宮 社務所より

« 実体験志向 | トップページ | 家相 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203918/63834793

この記事へのトラックバック一覧です: 漱石さんの1000円:

« 実体験志向 | トップページ | 家相 »