フォト

各種ご祈祷・診断受付

  • ◆ ご祈祷 ◆
    家内安全 / 身体健康 / 交通安全 / 商売繁盛 / 病気平癒 / 厄除け / 良縁成就 /合格祈願 他 地鎮祭 / 七五三参り / 初宮詣 等 本殿にてお祓い、ご祈祷いたします。

« 父母ヶ浜 | トップページ | スイッチ »

2016年6月 3日 (金)

ソロバン

小学生の娘の「そろばんって何?」という質問から、

「やってみるか?」ということになり。

 

昨日、娘のひいおばあさんから譲り受けたソロバンで、

足し算の練習をしてみました。

 

これからどれだけ継続できるのかわかりませんけど、

足し算・引き算くらいは教えられそうなので、

時々娘のソロバンを見てやることになりそうです。

 

昔、ちょこっとだけソロバンを習ってたのが、

今になってこんな形で役に立とうとは。

 

ほんとうに久しぶりにソロバンを使ってみましたが、

つくづく「昔の人はえらいなあ」と思いました。

よくこんなの思いついたなと、感心します。

 

計算の仕方とか思い出しておかないと、

と思ったので、ざっと調べてみると、

その起源についての説はいろいろあるんですってね。

 

今の形にたどり着くまでには、

かなりの時間がかかっているし、

その間に色んな創意工夫がなされてきたようです。

 

電卓やエクセルや、

デジタル旺盛の今だからこそ、

アナログな技術をしっかり教えておきたいなと思いますし、

自分もその感覚を忘れないようにしたいと改めて思います。

 

しかし、ソロバンが日本に来たのって、

500年ほど前だそうです。

その前までって、どんな風な考え方で計算とかしてたんだろう。

数についての感覚ってどんなだったんでしょうか。

 

お侍や商人さんは、ソロバンすらない時代に、

どうやってお金や物を勘定して、

またそのやり方を教えたり学んだりしてたのか。

 

そして、お百姓さんは、「数」とか「計算」について、

どんな感覚を持ってたんだろう。

 

「昔、識字率はとても低くて、多くの人は文字を書けなかった」

というのはもちろん知ってますが、

文字を書かず、ひょっとしたら計算らしい計算をしない暮らしって、

きっとその分だけ「五感」とか「直感」とか「感性」とかが豊かだったり、

鋭かったりしたんだろうと勝手に思っています。

 

みなさんの今日が平穏無事でありますように。 

 

石鎚神宮 社務所より

« 父母ヶ浜 | トップページ | スイッチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203918/63725392

この記事へのトラックバック一覧です: ソロバン:

« 父母ヶ浜 | トップページ | スイッチ »