フォト

各種ご祈祷・診断受付

  • ◆ ご祈祷 ◆
    家内安全 / 身体健康 / 交通安全 / 商売繁盛 / 病気平癒 / 厄除け / 良縁成就 /合格祈願 他 地鎮祭 / 七五三参り / 初宮詣 等 本殿にてお祓い、ご祈祷いたします。

« 野性 | トップページ | コラージュ »

2016年7月15日 (金)

昔話

子どもの頃から今にいたるまで、

ずっとお世話になり続けている人や、

とても久しぶりに訪ねてきてくれた人などから、

昔話を聞くのは好きです。

 

祖父だったりひいおばあさんだったりの、

自分が知らない顔のことを教えてくれたりします。

 

孫、ひ孫として近くにいたものの、

身内として見る姿と、

周りの人たちが仕事などを通じて見る姿とでは

違っていますから、

「へえ、そんなことがあったんですか」

ということが少なくありません。

 

そういった方々が語ってくれる色んなエピソードや思い出話を、

大人になった今この時に耳にできるということに、

何かご縁というか、

意味のようなものを感じることもあります。

 

今は亡くなった先人から直接語られることはないものの、

周りの人たちから語られる話に、

気づきがあったり、

謎が解けたりすることがとてもよくあります。

 

やはり血縁のある身内の話ですから、

何か自分のアイデンティティーを刺激するような感じもあって、

進路を修正したり、

物の見方を変えたりというキッカケになってもいます。

 

明治や昭和といった時代を生きた人たちの感性には、

今の生活に慣れた自分には到底重ねることが

できない部分が大きいと思います。

 

平成を生きる自分は、

後の人たちにどんな風に見られ、

感じられるのだろう。

 

今、自分たちが「あの人は昭和ひとケタだから」とか

「明治生まれだからね」とか言うように、

 

昭和の終わり生まれの自分は、

「あの人は平成の人だからねえ」

と言われたりするのかもしれませんけど、

さて「平成生まれ」とは後の人たちにとって

どんな響きのある言葉になるのでしょうか。

 

みなさんの今日が平穏無事でありますように。

 

石鎚神宮 社務所より

« 野性 | トップページ | コラージュ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203918/63920096

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話:

« 野性 | トップページ | コラージュ »